メルマガ登録
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
 

モノセントリック接眼25弌…競灰鵐肇薀好 超ディテール 無歪曲 無色収差

商品名 : モノセントリック接眼25弌…競灰鵐肇薀好 超ディテール 無歪曲 無色収差

商品コード : MONO-25

製造元 : 日本

価格 : 15,000

ショップポイント : 1

数量 :

ショッピングカートに入れる


当商品には画像のように収差測定チャートをお付けしております。

性能としては、従来の天体用オルソなどを上回る切れがあり、星を見ても風景を見てもより高コントラストです。星雲を観るとより浮き上がってくるほど素晴らしく、微恒星もかなり数が増えて見えるようになります。1群3枚張り合わせは、3枚玉アポクロマート対物と同じ構造ですので色収差が無く、従来の接眼レンズをかなり上回るコントラストがあり素晴らしい接眼レンズですのでこの機会にお勧めいたします。

モノセントリック接眼は、惑星観測に優れているとオールドファンの方には人気のある高額な接眼ですが、1群3枚玉のレンズを全面貼り合わせたもので、視野は狭いのですが透過率が高いために惑星観測に良いとされてきました。

1群1枚というというトルス接眼ともいうのもありますが、これは円柱状の長いガラスの両面を磨いもので、惑星観測に良いとされてきましたが、ハイゲンより色消しが良く12度の視野がありますが製造が大変難しく、アレイレリーフもゼロであるため数十年前までは、英国のメーカーが販売していましたが、現在はどこも製造するところがなく、幻の接眼レンズになっています。

その後市販されたのが、ロシアのINTESやアメリカのTMBのモノセントリックです。3枚を貼り合わせて接触面を無くし、入射側と射出側のレンズ曲率を同じにしてアポクロマート構造で色収差を打消しますので、理論的には色収差の無い接眼が作れます。


今回、INTESとTMBのモノセントリックをテストしてみたところ、INTESはどれも製造精度が悪くシリーズ全てが色収差やボケが多く使い物にならないくらいお粗悪なものでした。TMBはINTESよりコントラストがあり性能は勝りますが、モノセントリックで15mm以下の物を作るには無理があり、張り合わせ面の不良、曲率の違いなどの隙間があり視野がボケたり「理論的には良いがこんな接眼レンズじゃ使い物にならない」普通の接眼のほうがまだましだ。」というのが正直な感想でした。

但し接眼レンズは15mmより長くなるに従いザイデルの5収差が驚くほど改善されますので、TMBの世界50本限定1本7万円で発売された18mmと21mmだけは驚くほど素晴らしい性能の物でしたが、
今回ご紹介する25mmはそれにも劣らぬ広い視野で色収差もなく高解像度が出ています。


元々はツァイスが開発したものですが、ツァイスは顕微鏡に使用するには視野が狭い事、製造が難しくコストが合わないなどの理由に天体用の焦点の短いものは早期に販売を終了しています。ただし、焦点が長いものは明るい視野と高解像なものが得られますので現在でも鉱物などの鑑定レンズとして製造しています。鉱物鑑定用レンズなどでは今でもンモノセントリックレンズをうたうメーカーが多数ありますが、実際には3枚玉のトリプレットタイプが殆どで、これは2群3枚玉構造の空間があるタイプで製造は安価でできますが、本物のモノセントリックではではなく、モノセントリック程の高コントラストは得られません。

良いメーカーのモノセントリックレンズはないのかと調べたところ、プロ用レンズとしてZEISSと合弁企業のベラルーシのLOMOと日本のNIKON(視野が狭い)の2社がすぐれたモノセンレンズを製造していることを知り調べると、ベラルーシのLOMOはソ連のマクストフ焦点を持つ口径6m望遠鏡の製造で有名なモスクワのLOMO本体から独立したZeissとの合弁事業を行う軍用光学系にすぐれた企業でありツァイスイエナのモノセントリックレンズはLOMOの工場で作られていることがわかりました。ツァイスイエナは終戦後のソ連に社員と設備を接収されLOMOのマクストフ望遠鏡や顕微鏡、カメラレンズや世界初となるコーティングなどの開発製造ノウハウを提供したことで有名ですが、ツァイスイエナ製でありながらLOMOのブランド名で販売された光学機器も多数あり、冷戦時代のLOMO製品の多くはZeissとLOMOの刻印の2種類が多数存在しており、Zeiss光学博物館やLOMO博物館などにも多数同じものが展示されています。

コリメーターの測定では、TMBのモノセントリックよりもかなり視野は広く、色収差、球面収差も認められません。
ただしワイドレンズなので視野周辺90%付近で強い周辺減光がありました。コントラストは、過去にテストした天体用接眼レンズ25mmと比べると断トツで1位の高コントラストで高色彩コーティングの色再現も素晴らしいものでした。
広視野でコントラストは素晴らしく、最近市販されているようなアッベタイプのオルソよりはシャープでかなり明るく見えます。

目視重視ならば、
この視野が広いこのモノセントリックは素晴らしいですが、高コントラスト、高ディテールの再現性を活かした撮影もできるようにするためネジ込式で交換できる周辺減光用の視野環もセットにしました。


多くの方にこの接眼の見えの良さを知っていただくために、従来市販のモノセンの1/3以下のリーズナブルな価格にしました、全面シャープでコントラストがあり、覗いた瞬間にいかに優れたレンズであるか、お分かりいただけると思います。


※発送までに3営業日程度お時間を頂戴します。
 
光学製品
StarWorks Original 顕微鏡接眼31.7mm変更作成キット 5分で完成 接眼6本分(口径30mm→31.7mm)
StarWorks Original 顕微鏡接眼31.7mm変更作成キット 5分で完成 接眼6本分(口径30mm→31.7mm)
光学式オートコリメータ 光軸修正 天体望遠鏡 ニュートン反射望遠鏡専用
光学式オートコリメータ 光軸修正 天体望遠鏡 ニュートン反射望遠鏡専用
スターテスター 天体望遠鏡の光軸調整・デフラクションリング判定光源
スターテスター 天体望遠鏡の光軸調整・デフラクションリング判定光源
ロングバロー 3倍 低収差・高解像・光軸精度を追求した高解像モデル
ロングバロー 3倍 低収差・高解像・光軸精度を追求した高解像モデル
スカイウォッチャーBKP200(バイナリー・ホログラム・アポタイザー)口径200佝深曜庄鷆斥
スカイウォッチャーBKP200(バイナリー・ホログラム・アポタイザー)口径200佝深曜庄鷆斥
スカイウォッチャーBKP150、口径150mmなどに バイナリー・ホログラム・アポタイザー
スカイウォッチャーBKP150、口径150mmなどに バイナリー・ホログラム・アポタイザー
スカイウォッチャーBKP250(バイナリー・ホログラム・アポタイザー)口径250佝深曜庄鷆斥
スカイウォッチャーBKP250(バイナリー・ホログラム・アポタイザー)口径250佝深曜庄鷆斥
口径300mmニュートン(ドブソニアン)カセグレン専用バイナリー・ホログラム・アポタイザー
口径300mmニュートン(ドブソニアン)カセグレン専用バイナリー・ホログラム・アポタイザー
大口径500mm用 ニュートン式・ドブソニアンに バイナリー・ホログラム・アポタイザー
大口径500mm用 ニュートン式・ドブソニアンに バイナリー・ホログラム・アポタイザー
高感度・高画質流星カメラ USB延長最大20m 完全防水 視野117度IR可視光同焦点レンズ
高感度・高画質流星カメラ USB延長最大20m 完全防水 視野117度IR可視光同焦点レンズ
スカイカメラ 長期連続運用タイプ ケーブル延長最大20m レンズ交換タイプ
スカイカメラ 長期連続運用タイプ ケーブル延長最大20m レンズ交換タイプ

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません